血液サラサラにするお茶には何があるか

血液はドロドロとしてしまうと、血管内で詰まりやすくなったり、足先まで血液が行かず代謝が悪くなったりしますね。
血液の状態をサラサラにすることが大切で、血液サラサラにする飲み物としてお茶が注目されています。
お茶にも様々な種類がありますが、サラサラにする効果が高いのが、緑茶、麦茶、ウーロン茶、ゴボウ茶、玉ねぎの皮茶、ドクダミ茶、タンポポ茶があります。
緑茶は、カテキンと呼ばれる渋みの成分が含まれています。カテキンは、血糖値の急激な上昇を抑えることができることで注目されていますが、血液の状態もサラサラにすることができます。ですがカフェインが含まれているので、冷え性の方は飲み過ぎないようにするのがポイントとなります。また、寝る前に飲んでしまうと睡眠に影響することがあるので注意します。
麦茶は大麦から作られています。大麦を煎って香ばしい風味を出していますが、煎る時にアルキルビラジンと呼ばれる物質が発生します。このアルキルビラジンは血液サラサラにする働きがあり、血液がスムーズに流れるようにしています。麦茶にはカフェインが含まれていませんが、体を冷やす飲み物でもあるので温かくして飲むようにしましょう。
ゴボウ茶、玉ねぎの皮茶にはポリフェノールが含まれています。この作用によって悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血管の壁を強くしなやかなものにするとされています。玉ねぎ自体に血液サラサラにする作用がありますが、茶色の皮にもその作用があるので捨てないようにしましょう。
血液サラサラ サプリも人気ですね。

Post navigation